子ども達に寄り添えるような人材が求められている昨今、子ども心理に関する資格は数多く存在します。

その中でも人気の資格をご紹介いたします。

目次

子供心理カウンセラー

子供心理カウンセラーについてみていきましょう。

この資格がどういったものか

子供心理カウンセラーは、日本インストラクター技術協会が認定する資格です。

子供の心の発達や、家族や社会との関係など、子どもの性格形成に関わる知識を有していること、子育てへの適切なアドバイスやカウンセリングを行うための知識を有していることを証明することができます。

子供心理カウンセラー資格は、子供心理を修めたことを前提としています。

子供の心理を学ぶことで、成長に伴ってどんどん変化する子どもの行動を理解できるようになります。理解できなければ、親は振り回されてしまいますが、理解した上で子育てをすれば冷静に子供に向き合うことが可能です。

子育て中の方、これから親になる方はもちろん、将来的に子どもを育てたい方や子供に関わる仕事がしたい方にも、子供心理の学習はおすすめです。

受験資格

子供心理カウンセラーの受験資格は特にありません。

受験料

子供心理カウンセラーの受験料は10,000円(税込)です。

申し込み方法

資格認定団体である「日本インストラクター技術協会(JIA)」の公式ホームページから申し込んでください。

受験方法

受験は、在宅受験です。

申し込みをすると、受験票・試験問題・解答用紙が随時発送されます。

合格基準

70%以上の評価で合格になります。

資格取得のメリット

子供心理カウンセラー資格取得のメリットは、子供心理の学習を修めたことを証明できることです。子供の発達や、親は子供にどう対応すれば良いのかなどを知っている専門家として、社会的に評価されます。

資格取得後は、子供心理カウンセラーとして活動することが可能です。

この資格でどういった仕事につけるのか

子供心理カウンセラーの資格を取得すると、カルチャースクールや親子教室、学校での相談員などとして活躍の場が広がります。

どのような通信講座があるか

二つの団体が、子供心理カウンセラーについて学べる通信講座を開講しています。

諒設計アーキテクトラーニング主催

「子供心理カウンセラーW資格取得講座」「子供心理カウンセラーW資格取得スペシャル講座」という二つの講座で、子供心理カウンセラーについて学ぶことができます。

初心者にも学習しやすいと評判な人気通信講座です。

「子供心理カウンセラーW資格取得講座」は、子供心理カウンセラー資格とチャイルド心理カウンセラー資格の受験準備をする講座です。子どもの発達や性格形成についてなど、資格試験に必要な内容を学んでいきます。最短2ヶ月で資格取得も可能です。

次に紹介する「子供心理カウンセラーW資格取得スペシャル講座」は試験免除で2つの資格を取得できる講座です。講座の課題を修了した後に卒業課題を提出することで試験が免除になり、「子供心理カウンセラー」「チャイルド心理カウンセラー」を確実に手にすることができます。

受講料は「子供心理カウンセラーW資格取得講座」は一括で59,800円です。

そして、資格試験免除の「子供心理カウンセラーW資格取得スペシャル講座」の受講料は一括で79,800円になります。「子供心理カウンセラーW資格取得講座」との差額は20,000円です。受験料は1つの資格につき10,000円ですから、2資格分の受験料分のみ、値段が上がっていることになります。手数料などは一切含まれません。

また、両講座とも分割での支払いが可能です。

 SARA School Japan主催

「子ども心理基本コース」「子ども心理プラチナコース」という二つの講座で、子供心理カウンセラーについて学ぶことができます。

こちらの講座も、一日たった30分学習すれば、6ヶ月で資格取得が可能です。また、学習の速度を速めることで最短2ヶ月でも取得も可能になっています。

わかりやすいオリジナルテキストと、専属スタッフにメールで個別質問ができるサポートの手厚さが人気の理由の一つになっています。

「子ども心理基本コース」は、子供心理カウンセラー資格とチャイルド心理カウンセラー資格の受験準備をする講座です。そして、「子ども心理プラチナコース」は卒業試験の課題を提出することで資格試験が免除になります。「子供心理カウンセラー資格」と「チャイルド心理カウンセラー資格」の二つの資格を無試験で確実に取得することができます。

「子ども心理基本コース」の受講料は、59,800円です。

そして、資格試験免除の「子ども心理プラチナコース」の受講料は79,800円になります。諒設計アーキテクトラーニング主催講座同様、差額は20,000円で2資格分の受験料分のみ金額が上がっています。

SARA School Japan主催講座も、分割での支払いが可能です。

チャイルド心理カウンセラー

子供心理カウンセラーについてみていきましょう。

この資格がどういったものか

チャイルド心理カウンセラーは、子供の心理や発達を十分に理解していること、カウンセリングを行う技能や知識を有していることを証明する資格です。「子供」というのは主に胎児期から乳児、幼児、学童、思春期までの子供を指しています。

そもそも、チャイルド心理学とは「子供の心や身体の発達に応じた接し方や教育に関しての、心理的な知識」のことを指します。チャイルド心理学を学ぶことで、子供のしぐさや行動から心理状態を読み取ることができるようになりますし、子供の抱く悩みへの対応も可能になります。子育てに活かせるものとして、非常に役に立つ心理学です。

また、子育てに不安を抱いている方や接し方に悩んでいる方に対しての、アドバイスもできるようになります。子育てに悩んでいる方の手助けや、自身の子育てにも活かせる心理学です。

先進国の多くは、少子化の状態になっており子供同士も集団における経験を積むことが難しくなっています。そのため、一見、理解しがたい行動に出ざるを得ない子供たちも多いのです。また、親たちも核家族の中で孤立しながら子育てをしています。現代には、子供たちも親世代も悩みを抱えやすい事情があります。

ですから、体系的に子供の心理や知識を学び、解決に導けるチャイルド心理カウンセラーは、現代において必要とされる存在です。

受験資格

チャイルド心理カウンセラーの受験資格は特にありません。

受験料

チャイルド心理カウンセラーの受験料は10,000円(税込)です。

申し込み方法

資格認定団体である「日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)」の公式ホームページから申し込んでください。

受験方法

受験は、在宅受験です。

申し込みをすると、受験票・試験問題・解答用紙が随時発送されます。

合格基準

70%以上の評価で合格になります。

資格取得のメリット

チャイルド心理カウンセラー資格取得のメリットは、子ども心理に関して知識を有していること、カウンセラーとして活動できる技術を有していることを社会に対して証明できることです。

資格取得後は、チャイルド心理カウンセラーとして活動することが可能です。

この資格でどういった仕事につけるのか

チャイルド心理カウンセラーは、幼稚園、保育園、学童保育施設や学習塾など、様々な子どもにまつわる施設で活躍することができます。また、子ども心理の有資格者として地域の勉強会やカルチャースクールなどで講師をすることも可能です。

どのような通信講座があるか

二つの団体が、チャイルド心理カウンセラーについて学べる通信講座を開講しています。

諒設計アーキテクトラーニング主催

チャイルド心理カウンセラーについて学べる通信講座は、「子供心理カウンセラーW資格取得講座」「子供心理カウンセラーW資格取得スペシャル講座」があります。

子どもの心理について学んだことがない方でも、問題なく進められるカリキュラムが用意されていますので安心して受講できる講座です。

「子供心理カウンセラーW資格取得講座」は、チャイルド心理カウンセラー資格と子供心理カウンセラー資格の受験準備ができる講座です。子どもの発達や心理状態、カウンセリング技法など、資格試験に必要な内容を学ぶことができます。最短2ヶ月で2資格取得も可能です。

また、試験免除で両資格を取得できる「子供心理カウンセラーW資格取得スペシャル講座」もあります。こちらは、講座の課題を修了した後に卒業課題を提出することで「チャイルド心理カウンセラー」「子供心理カウンセラー」の2資格の試験が免除になります。ですから、より確実に資格を取得したい方におすすめです。

受講料ですが、「子供心理カウンセラーW資格取得講座」は一括で59,800円になります。20回までの分割も可能です。

そして、資格試験免除の「子供心理カウンセラーW資格取得スペシャル講座」の受講料は一括で79,800円です。受験料は1資格10,000円ですので、2資格分の受験料20,000円分のみ料金があがっています。

 SARA School Japan主催

「子ども心理基本コース」「子ども心理プラチナコース」という二つの講座で、チャイルド心理カウンセラーについて学ぶことができます。
SARA School Japanには専属スタッフがおり、サポートの手厚さが人気の理由の一つになっています。学習中にわからないところがあった場合には、メールで何度でも質問が可能なため、途中で挫折してしまう心配がありません。

「子ども心理基本コース」は、チャイルド心理カウンセラー資格と子供心理カウンセラー資格の受験準備をする講座です。そして、「子ども心理プラチナコース」は卒業試験の課題を提出することで資格試験が免除になります。「チャイルド心理カウンセラー資格」「子供心理カウンセラー資格」の二つの資格を無試験で確実に取得することができます。

どちらの講座でも、1日30分程度の学習をすれば、6ヶ月で資格取得を目指せます。通信教育のため、通学も不要なため、隙間時間を活用することで最短2か月での資格取得も可能になっています。

「子ども心理基本コース」の受講料は、一括で59,800円になります

そして、資格試験免除の「子ども心理プラチナコース」の受講料は一括79,800円です。諒設計アーキテクトラーニング主催講座同様、差額は20,000円で2資格分の受験料分のみ金額が上がっています。

SARA School Japan主催講座も、分割での支払いが可能です。

こども心理アドバイザー

こども心理アドバイザーについてみていきましょう。

この資格がどういったものか

こども心理アドバイザー資格は東京未来大学独自の認定資格です。

心理専攻の学生の4年間の学びを象徴する資格で、就職活動で自身の研鑽のアピールに活用できます。

大学で心理学を修めたことをアピールできる資格は「認定心理士」があります。しかし、一般的には大学でこどもの心理学を修めたことを示せる資格はありません。ですが、大学独自の「こども心理アドバイザー」の資格があれば、一目でこどもの心理学を学んだことを示すことができます。

受験資格

こども心理アドバイザー資格は大学独自の認定資格のため、受験資格はありません。

認定のためには、東京未来大学こども心理学科心理専攻に在籍する必要があります。

また、認定には以下の基準を満たす必要があります。

・所定の科目の単位を取得すること

・ボランティアなどの実務経験が一定期間あること

・大学に認定の希望を出すこと

心理学専攻の学生が、こどもに関する心理学の知識を習得したか、実践を通じてこどもの心に寄り添うことを学んだかどうか、を大学は大切にしています。

受験料

資格試験はありませんので、受験料も発生しません。

ですが、資格認定のためには東京未来大学に入学する必要があります。

東京未来大学の入学検定料は、概ね30,000円(初回・税込)となっています。AO入試、推薦入試、一般入試など入試の種別は問いません。例外として、大学入試センター試験利用入試の場合は、検定料は18,000円(税込)です。

また、こども心理学部の初年度納入額(学費)は、1,310,000円です。次年度以降は、1,010,000円になりますので、4年間でかかる学費は合計4,340,000円になります。

申し込み方法

東京未来大学こども心理学科心理学専攻に入学後、まずは、所定の科目を履修してください。ボランティア等の実務経験も必要です。資格認定の申し込みをする時期や方法は、学科や学生支援課の指示に従って下さい。

受験方法

こども心理アドバイザーの資格取得には試験がありません。

単位取得の状況や実務経験の有無によって認定されます。

合格基準

こども心理アドバイザーの合格基準は公表されていません。

資格取得のメリット

こどもの心理学を大学で修めた証明になります。

この「こども心理アドバイザー」の資格は、机上の学びだけでは与えられません。こどもに関わるボランティアなどの実務経験がある学生にのみ与えられます。ですから、こどもに関する仕事の即戦力の証になる資格でもあります。

就職活動でアピールでき、将来の可能性が拡がります。

この資格でどういった仕事につけるのか

こども心理アドバイザーの資格を持っていることで、こどもに関する仕事につく可能性が拡がります。

東京未来大学は学生の就職支援にも力を入れています。

こども心理学部の2018年度卒業生就職内定率は98.2%と高い割合を示します。100%のうち、一般企業が76%、施設19%、保育所3%、公務員1%、自営業1%です。一般企業といっても、子ども服・おもちゃメーカー、子ども写真館、学習塾、幼児体育などの、こども関連の企業が多数含まれています。

また、施設には、障がい児施設、児童養護施設、児童相談所、青少年センターの就職実績があります。その他、幼児教室や学童保育・放課後子ども教室に就職する学生もいますし、小・中学校の相談員になる学生もいます。

こどもに関わる仕事がしたい方に、おすすめの資格です。

1 2 3 4