子供心理カウンセラーがどのような仕事なのか御存知でしょうか。仕事内容や資格を取得する方法、資格を生かせる職場、キャリアの積み方、どのような人が適しているか、どういった任務があるのかなどを紹介しますので、子供心理カウンセラーに興味がある人や目指している人はぜひ一読をおすすめいたします。

子供心理カウンセラーの任務

子供心理カウンセラーは、子供の精神の健康や成長をサポートする仕事です。いじめや不登校、非行、家庭問題など様々な問題を抱えた子供と向き合い、相談に乗り子供の見せる仕草や周囲との関係も参考にしてアドバイスをしたり、自立した生活が送れるように導きます。子供の心の発達や人格形成に関する知識が必要であり、学童期や思春期など年齢や発達に合わせて、子供の家庭や社会との繋がりも考慮し、適切なカウンセリングや助言を行わなければなりません。また子供だけでなく大人で子供心理カウンセラーを必要としている人もたくさんいます。子供との付き合い方がわからない親や、子育てに悩んでいる親の悩みを聞き円満な親子関係を築くことをサポートします。人と関わることや世話をすることが好きな人や、相談者がアドバイスを聞かなくても不快な言動をしてもあまり気にならず、穏やかに接することができる人が向いています。子供が好きで悩みを解決してあげたいとか、成長をサポートしたいという気持ちが強い人にもおすすめの仕事です。また、過去に強い悩みを抱う気持ちが強い人にもおすすめの仕事です。また、過去に強い悩みを抱えた経験がある人は人の痛みに共感しやすく、弱い立場の人に優しいのでこのような人も向いています。

子ども心理カウンセラーの職場

子ども心理カウンセラーの職場は、学校の相談員や、児童相談所、カルチャースクールなどです。また、小児科や児童福祉施設で、治療を受ける子供に安心感を与えて不安感を取り除く活動もあります。子供心理カウンセラーの資格を有すると、子供と関わる仕事で役に立ちます。保育士や、塾講師など子供との関わりが多い仕事では、子供心理に関する知識があることで、子供の能力を伸ばし、悩みを解決する時など役に立つはずです。子供心理カウンセラーの需要は子供の問題が複雑化し、夫妻共働きや核家族化などの影響で年々高まっています。家庭や学校だけでは解決できず、子供心理カウンセラーを必要とするケースが増えています。企業でも子供心理カウンセラーを導入するところがあり、子育てをしながら働く人に精神的なサポートをして、集中して仕事ができるように導きます。自宅でメールカウンセリングや電話カウンセリングを行う場合もあり、生活に合わせた働き方がしやすいです。自分で開業してカウンセリングサロンを開けば、好みの立地や仕事のペースで働きやすいです。カウンセラーの知名度や経歴によっては、講演活動を行う人もいます。また、ボランティアを通じて経験を積むのもいいでしょう。例としては子供向けの電話相談窓口の相談員や、フリースクールスタッフなどです。日本では保育士不足が深刻な問題となっており、人手不足を解決するために保育士だけでなく保育ボランティアも募集しています。身近に子供と関わり子供の気持ちに寄り添う保育ボランティアをすることもおすすめです。そういった活動を通して実際にどのような問題を子供が抱えているのか、どういった解決法が最善なのかなど勉強になるはずです。カウンセラーの求人ではどのような難易度の資格を有しているかだけでなく、カウンセリングの経験年数を重視する企業が多いです。なぜカウンセラーが経験を重視させるのかというと、カウンセラーはただ相談に乗るだけでなく時には自殺願望のある人などのカウンセリングを行うこともあり責任が大きいからです。他人の生死にも関わる仕事だからこそ、深い知識と十分な経験が求められるのです。よってそのような責任の重さに耐えられるのか、安定した精神状態で仕事に臨めるかも重要であり、子供心理カウンセラーを目指している人はそのことも検討しなければなりません。

子供心理カウンセラーの資格

子供心理カウンセラーを目指す人は大学や心理系の専門学校で児童心理学やカウンセリングについて学んで、社会人の場合は通信・通学講座で学ぶ人が多いです。子供心理カウンセラーの資格は、チャイルドカウンセラーという民間資格があります。日本能力開発推進協会が定めた認定講座を修了することによって、チャイルドカウンセラー検定試験の受験資格が得られます。講座ではメールでの臨床心理士による指導や、チャイルドカウンセリングに関する知識を自宅で自分のペースで学べます。よって仕事をして子育てもしている人でも、生活に合わせて受講しやすいです。講座ではアスペルガー障害や発達障害の子供との接し方や、どのような対応をすればいいのか学びます。ほかには子供との信頼関係の築き方や、筆談でのカウンセリング方法、カウンセリングを継続する方法など様々な知識を学びます。全四回の課題の提出をし、カリキュラムを修了すればチャイルドカウンセラー検定試験の受験資格を得られます。学習期間は四ヵ月で受講費用は税込46,000円です。日本能力開発推進協会ホームページから検定試験の申込をすると、自宅に試験問題が発送されます。記述式の筆記試験で受験は自宅で行い、受験料は税込5,600円です。検定試験の合格ラインは得点率70パーセント以上です。チャイルドカウンセラーの検定試験の難易度は、講座の内容が理解できていれば問題なく合格できる難易度です。毎日少しずつ講座の勉強をしてテキストを繰り返し読み、課題をして知識を身につけるといいでしょう。テキストの内容がそのまま出るわけではないので、カリキュラム全体の内容を深く理解する必要があります。専門知識を習得することで、カウンセラーが自信を持って子供やその親と接することができるようになります。子供に携わる仕事をしている人は子供を大切に扱っているつもりになります。子供に携わる仕事をしている人は子供を大切に扱っているつもりでも、思いがけず不適切な対応をし、偏ったカウンセリングをしてしまうことがあります。そのようなミスをしないためにも、専門知識の習得は大切なのです。