スクールカウンセラーの仕事内容やなる方法、向いている人などについて紹介します。

スクールカウンセラーの仕事

スクールカウンセラーは学校で子どもや保護者の相談に乗り、臨床心理の専門知識を用いて心のケアをする仕事です。近年では教職員に心のケアや研修を行い、事件や事故が起こった時に被害児童や生徒のサポートをすることもあります。スクールカウンセラーは1995年に国が定めた「スクールカウンセラー活用調査研究委託事業」により各学校に配置されるようになりました。いじめ問題や地震など災害の発生により子どもの心のケアを重視する声が高まり、すべての公立小中学校でスクールカウンセラーの配置が進められるようになりました。

スクールカウンセラーの主な仕事は生徒や保護者のカウンセリングです。カウンセリングは生徒や保護者の希望で行われることもあれば、担任教員からの紹介で行われることもあります。生徒の場合は、カウンセリング内容は友人関係に関することが多く、ほかには担任教員との関係や家庭の悩みなどです。また、発達障害で学校での適応に困っている生徒の支援や、環境変化のストレスに対するケアなども行います。保護者の場合は、子どもの友人関係や学校の問題行動、家庭環境などに関する相談や、直接言いづらい学校に関する不満などです。保護者の不満や要望を知ることで、スクールカウンセラーが学校側に指導方法について話し合うこともあります。教員にカウンセリングをすることもあり、支援が必要な生徒や教師に対してどのようにサポートすればいいのかアドバイスをしたり、教員自身に悩みがあるなら、教員がより快適に働けるように助言をすることがあります。教員のうつによる休職が増加傾向にあるので、教員の心のケアもスクールカウンセラーの仕事に入ります。発達障害の生徒を教えている特別支援教育の教員に対するアドバイスもします。すべての生徒が快適に学校生活を過ごしているのか、授業や昼休み、クラブ、委員会活動などに足を運び生徒達の生活現場を観察します。また、何か問題が発生することを防ぐために、配布物を作ってスクールカウンセラーの認知を広めたり、児童や保護者、教職員などにアンケート調査をしてストレスチェックを行います。近年は生徒を対象をした自己理解やコミュニケーションに関する研修を行うところもあります。子どもは悲しい、苦しいなど感情を言葉にすることが得意ではないので、絵や玩具を使った絵画療法や箱庭療法が行われることもあります。箱庭療法とはセラピストが見守る中で、クライエントが自由に部屋にあるおもちゃを決められた場所に入れる手法であり、作られた作品が言語化されることもあります。

スクールカウンセラーに向いている人

スクールカウンセラーになるには、自分はこのような人間だという意識と実際の自分像にギャップがないことが重要です。また職場が学校なので、小学校から大学までの発達過程に興味がある人が向いています。生徒や保護者だけでなく、教職員や医療機関と連携をとるので多くの人と接することに抵抗がないことも求められます。スクールカウンセラーになる人は学校で相談室を利用した経験があり、自分が助ける側になりたいとスクールカウンセラーを目指す人が多いです。誰かの支えになったり辛い思いをしてる人を減らしたいという気持ちがり、弱い立場の人の気持ちを思いやれる人が向いています。

スクールカウンセラーになるには?

スクールカウンセラーになる人は、臨床心理士、精神科医、大学教員が多いです。スクールカウンセラーの採用は各都道府県や市区町村の教育委員会が行っています。募集時期は自治体によって違いますが、10月から12月に募集されることが多いです。任用期間は4月から一年間です。スクールカウンセラーの資格要件は以下のように定められています。財団法人日本臨床心理士資格認定協会の認定に係る臨床心理士、または、精神科医、児童生徒の臨床心理に関して専門的な知識及び経験があり、大学の学長、副学長、教授、准教授又は講師の職にある人又はあった人です。スクールカウンセラーに準ずる者の条件としては、大学院修士課程を修了していて心理臨床業務又は児童生徒を対象とした相談業務について1年以上の経験がある人または、大学若しくは短期大学を卒業していて、心理臨床業務又は児童生徒を対象とした相談業務について5年以上の経験がある人、医師で心理臨床業務又は児童生徒を対象とした相談業務について、1年以上の経験がある人です。こういった条件のもと書類と面接で選考が行われます。よってスクールカウンセラーという資格はありませんが、多くのスクールカウンセラーが臨床心理士の資格を保持しています。これは文部科学省が選考要件として、臨床心理士、公認心理師、精神科医を推奨しているからです。給与は様々ですがスクールカウンセラーは時給5000円、スクールカウンセラーに準ずる者は時給3000円というのがよく見られます。時給5000円でも働く時間が少ない場合があり、ちゃんと募集情報を確認することがおすすめです。カウンセラーや臨床心理士がスクールカウンセラーを掛け持ちすることも多いです。週12時間勤務が平均的で月24万円程度になり年収に換算すると約300万円です。正社員の募集は少なくほとんどが年間の期間契約です。また、教育相談員として募集される場合もあります。公立の学校では最大週5日勤務することが可能です。週1~4日のいずれかから選択する自治体が多いです。

スクールカウンセラーは将来性があり需要がある仕事です。少子化で子どもの数は減っていますが、心の問題を抱える生徒は絶ちませんのでスクールカウンセラーはとても必要とされています。子どものいじめや不登校問題のほかに、発達障害の生徒のサポートをして力を発揮するスクールカウンセラーが増えています。教師や保護者のうつやノイローゼが増えているので、こういった人のストレスを減らす役割もあります。さらに、地震や台風などの震災や子どもが巻き込まれる事件が起こった時に、子どもの心のケアをすることもあります。今後は臨床心理士と公認心理師の二つの資格を持つ人が有利になる可能性があります。